フェイスパックの注意点

美容液や化粧水などを含んだフェイスパックを使うとお肌が潤い、
その後に使うコスメの成分も肌の奥まで浸透しやすくなると
人気ですが使用する際にはいくつかの注意点があります。

まずフェイスパックを触る前には顔に汚れや菌などが付かないよう、
石鹸などで手をきれいに洗い清潔にしておきましょう。

そしてお風呂上りや洗顔後の顔にパックをするのですが、
どちらにしても顔の水分が蒸発しないうちにパックをするようにして下さい。

それならお風呂の中ですれば効果が上がるんじゃないか、
と思われる方もいますがお風呂では
汗が出てしまうため逆にパックの成分が
浸透しにくくなりますのでやめておきましょう。

次にフェイスパックを行う時間ですが長ければ長い程よい訳ではなく、
だいたい5分くらいか商品に書かれている使用時間を守るようにしてください。

また使用時間内だとしても少し端を触ってみて乾燥していたら、
パックはすぐに取ってしまう方がいいでしょう。

なぜならフェイスパックが乾いているのにつけ続けていると、
肌に浸透したはずの水分が乾いたパックへと移って肌が乾燥してしまうからです。

パックを取った後は水分が蒸発して乾燥してしまわないように、
乳液や保湿クリームなどで肌にフタをするようにしてください。
そしてフェイスパックは肌に良い成分がたっぷりと入っているので即効性がありますが、
そのためやりすぎてしまうと肌の負担になることもありますので
パックは週1回くらいにしておきましょう。